IT系/人材採用系ライター桂 浩一さん

プロライターキャッチで活躍中の現役ライターに、収入、やりがい、夢などについてインタビューするこのコーナー。

今回は、大手転職エージェントのキャリアコンサルタントや広告プロモーション業界での経験を持つフリーライターの桂さんを直撃しました!

 

【プロフィール】

■年齢:40代後半
■ライター歴:副業期間も含め3年
■居住地:福岡県
■得意ジャンル:IT系、マネジメント、人材採用、グルメ、街ネタなど
■一日当たりのライティング時間:10時間前後
■ライターとしてのおおよその月収:30~50万円
■実績:
【超人気】全国からオーダーが殺到! 溶岩プレートの上で踊るホルモン焼きが激ウマ【福岡・福重】
明治通りから見える平和台球場の照明塔。カクテル光線がまぶしかった25年前

 

福岡へUターンすることを考え、副業としてスタート

フリーライターとして、IT系のライティングを中心に地元:福岡のグルメや街ネタなど幅広い分野で活躍中の桂さん。

2016年2月頃からネクストアドでのお仕事をスタートし、現在は主に人事採用関連の記事を制作されています。

プロライターキャッチ
そもそも、ライターを目指した理由・きっかけは何ですか?
桂さん
人材教育関連の会社で役員をしていたのですが、リーマンショックの影響で業績が落ち、引責辞任しました。
その後、契約社員として社内システムのインフラ管理をするSE職に就いたものの収入は激減。当時は横浜に住んでいたのですが、将来のことを考えたときに、漠然とながら「地元福岡へ戻って働きたい」と考えたのです。
プロライターキャッチ
大変でしたね・・・
桂さん
はい汗。福岡へ戻るのは良いとして、具体的に何をして生計を立てようかと考えたときに、昔、広告プロモーション業界で求人広告の制作をしていた頃に文章を書く経験を持っていたことに思い当たり、まずは副業としてライター業を始めました。

クライアントから高い評価をもらったことが本業としてライターを続ける決心に

プロライターキャッチ
最初のクライアントはどのように見つけたんですか?
桂さん
クラウドソージングで募集されていたライティング業務の中から、自分が書けそうな人材系の案件などに応募していきました。
プロライターキャッチ
桂さんでも一度はクラウドソーシングの道を通ったんですね!
桂さん
はい笑。サラリーマン時代に出張で全国を回っていて土地勘があったことから、観光記事などもかなり書きましたね。そのなかで、地元:福岡で超有名なもつ鍋屋さんの成長ストーリーを書く仕事を受注したことが転機となりました。個人的にも大ファンだったので思い入れがあったのですが、納品後、クライアントから大変喜ばれ、社長直々にお礼の電話をいただいたことは今でも印象深いです。

 

桂さんがフリーライターになるきっかけとなったもつ鍋屋さんの成長ストーリー掲載ページ

 

桂さん
それまでのサラリーマン時代には味わえなかった会社の看板を背負わず自分の力量でクライアントを確保し信頼を得るという楽しさを知り、本業としてフリーライターをしていく決心がつきました。

 

気持ちや思いを伝わる文章を書くことにこだわって

現在は、福岡を拠点にフリーライターとして活躍されている桂さん。ライティングのみの案件は少なく、骨子立案とライティング、もしくは取材、写真撮影とライティングといった依頼が多いそうです。

また、趣味のグルメ系の仕事も続けているようで「福岡にはおいしいお店が多いので、地元のグルメや街ネタを全国に伝えていきたい」と楽しそうに語ってくれました。

プロライターキャッチ
最後にライターとして大切にしていることや、ライティングに関するモットーなどがあれば教えてください。
桂さん
気持ちや想いを伝える文章を書くということを心がけています。逆に、キーワードの羅列だけのいかにもSEO対のライティング依頼はお断りするようにしています。

 

今後の目標は法人化

プロライターキャッチ
最後に、今後の夢や目標を聞かせてください。
桂さん
当面の目標は法人化です。いずれは自分のWebサイトを持ち、ライターとしての仕事のステージをもっと広げていきたいですね。

 

――桂さんありがとうございました!

コメントは利用できません。