未経験の人でも稼げるライター募集サイトはココだ!

未経験の人が稼げるライターになることは、そう簡単な道のりではありません。未経験で受注できる仕事はどうしても単価が低くなりますし、品質が悪ければ、継続して案件の依頼が来ることはありません。

しかし、以前に比べて未経験でもライターになれる可能性が大きく広がっています。

多くの企業が、広告や、販促ツールを紙媒体からWeb媒体に切り替え、また、集客を狙った戦略の一環として、次々と新たなオウンドメディア(自社で運営するサイト)を開設しています。こういった背景から、コンテンツマーケティング市場が拡大していることが挙げられます。必然的にライターの募集数は増加傾向に、そして、未経験者の募集も増え続けています。
企業やサイトでは、実績やスキルのみにこだわらず、良い記事を書けるライターを常に探しているのが現状です。
 
【目次】

 

未経験でもライターになれるのか?

答えはイエスです。未経験でもライターになれるチャンスはたくさんあります。

しかし、募集側にとってみれば、未経験者へ仕事を依頼するということは品質が担保されないというリスクがあります。それでも企業は未経験者を募集し続けるのはなぜでしょうか?
募集側のメリットについて考えてみましょう。

未経験者は、

  • コストが低い
  • さほど仕事を抱えていないため、短納期での対応可能である
  • ポテンシャルが高い(採用側はいつも金の卵を探しています)
  • やる気がある
  • 向上心が高い
  • 凝り固まったスタイルがない
  • ※Webライティングの場合、凝り固まった日本特有の小難しい文章力より、読みやすさを重視したスタイルを好まれる傾向がある。

  • ライティング力より専門知識を優先する場合がある

未経験でも、上記のポイントを3つ以上クリアできるという人であれば、それは企業側が仕事を発注したい人材です。その他にも、ITリテラシーが高い、情報収集がが得意、取材が得意な人は募集側にとって魅力的な人材です。
特筆してアピールするポイントがない人は、応募前にWebライティングについて予習し、やる気度をアピールしてみてはどうでしょうか?当社でも、実際に未経験からプロライターになった現役ライターが推薦するWebライティングを学ぶためのおすすめ書籍を紹介した記事がありますので、ご参考ください。

【参考記事】
現役ライターが推薦!Webライティングのおすすめ本3選

レジュメや自己PR欄に、独学で知識を身につけている旨を一言アピールするだけで、採用側の心象は大きく変わるでしょう。
 
 

未経験ライターは月どれくらい稼げるの?

  • 専門知識のない未経験ライター
  • 500円/本×10本=5,000円/月

  • 専門知識や経験のある未経験ライター
  • 1,500円/本×10本=15,000円/月
    (記事のボリュームは、2,000文字~3,000円文字を想定)

未経験ライターはどうしても単価が低くなりますが、少なくとも半年から1年(目安は記事100本)コツコツと実績を積めば、セミプロ昇格への可能性はあります。

ここで、未経験者が仕事を受ける際に気をつけてもらいたいポイントをまとめます。

  • 単価が極端に低すぎる仕事は、期限を決めて請け負う
  • 品質を担保するためには最低2日の納期を確保する

例:文字単価0.5円以下の仕事を月30本以上のアサインし、納期が2日以下
※文字数が2,000~3,000文字の場合を想定

こういった記事のクオリティを担保できないような無理な条件を提示しているサイトには気をつけてください。ただ、量産するだけの記事を求めており、フィードバックや、次のステップにつながる取引があるとは考えにくいです。逆をいえば、よい品質を納品するためのスケジュール管理は、自分でできるよう調整する能力があれば、こういった案件は避けることが可能です。
 
 

未経験ライターにはこんな仕事がおすすめ

仕事を選ばなければ、未経験でも仕事を請け負うことは簡単です。しかし、将来稼げるライターになることを目標にしているのであれば、最初の仕事から次のステップにつながるような取引先や案件を選ぶことが大切です。どんな人でも、きっと自分に適した分野があるはずです。未経験Webライターでも請け負える案件がどんな仕事かを一部ご紹介します。

  • 未経験、かつ得意分野が思い当たらない人
  • 美容、育児、教育、掃除、お金、旅行、住まいなど普段の生活をテーマにした案件

  • ネットサーフィンが好きで情報収集能力に自信がある人
  • バズサイト、いわゆる口コミサイトのコラム

  • コミュニケーション能力に自信のある人
  • 取材記事。実は、ライターで取材が得意な方って少ないんです。将来、稼げるライターになれるポテンシャル大です。

  • 専門知識がある人
  • 金融、不動産、IT、マーケティング、医療など専門性の高い案件

  • 海外留学や留学経験がある人
  • 英語記事をもとに記事を書き起こす案件

得意な分野であっても、サイトのスタイルや目的が自分とあっていない、ディレクターとの相性が悪いといった場合もあります。取引サイトは1社に絞り込まず、最低でも2社と取引してみると比較検討する材料となり、よいでしょう。
 
 

未経験からライターを募集しているサイトの紹介

それでは、未経験社OKのWebライター募集サイトをご紹介します。

  • フリーライターのよりどころ
  • http://yoridokoro.biz/recruit/
    初心者の人でも、非常にわかりやすく、納品までの作業が進められる手順が掲載されています。案件のジャンルは幅広く、特筆する専門分野がない初心者の人向けです。また、フリーライターのよりどころでは、フィードバックを積極的に行っており、必要に応じてLINEやSkypeでの面談にも対応しています。ライターを育成する熱意を感じるサイトです。

  • おうち稼ぎ.COM
  • https://kiji-writer.com/
    「3ヶ月後に月収10万円」を目指すWebライター、週10時間以上同社の業務に専念できるライターを募集しています。以前は、オンライン育成にも力を入れており、未経験ライターには嬉しいシステムです(現在は終了)。

    現在の募集は、下記のみのようです。

    1)国内添乗員の経験がある方(旅行会社でプランを企画した事がある方)
    国内旅行が好きで良く行く。旅行プランの計画を立てる事が出来る。

  • ライターステーション
  • https://www.zenken.co.jp/recruit/writer
    取り扱っている案件は、美容、健康、教育、婚活、ビジネスなど多岐に渡ります。未経験OK。年齢不問。「文章を書くことが好き。インターネットで調べ物をすることが好きで、ビジネスマナーを守れる人。」であれば誰でも応募可能です。同社編集部からの直発注となりますので、コミュニケーションも取りやすく仕事もしやすい環境です。また、ライター養成講座もあり、ライターを育ててくれる意欲を感じるサイトです。

  • Bitty
  • http://bitty.jp/writer/
    美容に特化した情報サイトBitty(http://bitty.jp/)では、専属Webライターを募集しています。美容に興味のある人、文章を書くことが好きな人であれば募集可能です。

  • Sumai(日刊 住まい)
  • 未経験者でもOK!「Sumaiライター」になりませんか?


    インテリアや雑貨が大好きな人にオススメ。マイホームを持つことを夢見る読者に向けて、住まいに関する情報を発信するSumai(http://sumaiweb.jp/)でも、未経験のWebライターも募集しています。未経験ライターには、担当編集者からの丁寧なサポートが期待できます。
     
     

    未経験ライターに必要なこと

    平均的な文章力、隙間時間とライターになる意気込み、向上心があれば、未経験でもライターになれるポテンシャルを秘めています。

    文章で何かを表現してみたい。自分の知識をカタチにして読んでもらいたい。空いた時間を有効活用してお金を稼ぎたい。そんな欲求をライター業で活かしてみてはいかがでしょうか。

    まずは、自分の書きたい分野と目標となるライター像にあった募集サイトを見つけ、実績を積むことから始めてください。Webライターの嬉しいところは、コツコツと実績を積み、努力次第で、プロライターとして活躍する夢が意外と近い将来に実現できるところです。

コメントは利用できません。