車/音楽・芸能ライター 増田 真吾さん

プロライターキャッチで活躍中の現役ライターに、収入、やりがい、夢などについてインタビューするこのコーナー。
今回は、和太鼓指導・演奏活動をしながら大手中古車販売会社での勤務経験を活かしてフリーライターとして活躍する増田さんを直撃しました!

【プロフィール】
■年齢:39歳
■ライター歴:約9カ月
■居住地:千葉県
■得意ジャンル:車、音楽・芸能など
■一日当たりのライティング時間:8~10時間前後
■ライターとしてのおおよその月収:25万円
■実績:
大人の楽しみと夢が詰まったカーショップ【ヒルズオート】

 
【目次】

 

和太鼓の活動と仕事の両立のために時間に融通のきく仕事へ

プロライターキャッチでは主に、車・バイクに関するライティングを担当されている増田さん。小学生の頃から続けている和太鼓の指導者、奏者としても精力的に活動中で、地元にアマチュアのチームを主宰し指導者として教えるほか、東京のプロチームにも所属し、TV番組やCMへの出演経験もお持ちなのだとか。そんなユニークなバックグラウンドを持つ増田さんに、どうしてライターになったのか?また、現在、携わっている訪問でのコンサルティングを含む案件についても詳しく聞いてみました!

プロライターキャッチ
前職は大手中古車販売会社にお勤めだったそうですね。もともと車が好きだったんですか?
増田さん
はい。販売した中古車の保証を担当する部署にいて、車が故障した際に、修理の方法や費用が適切かを判定したり、工場から修理方法に関する相談を受けたりといった業務を担当していました。扱う車の台数は1日に数百台ほどでしたね。
プロライターキャッチ
かなり専門的な知識が求められそうな業務ですね。
増田さん
もともと整備士をしていたので。
プロライターキャッチ
それからライターになろうと思ったのには、何かきっかけがありますか?
増田さん
実は小学生5年生からずっと趣味で和太鼓を続けていて、今は地元にアマチュアのチームを持って指導にあたっているのですが、それが週3回あるほかに、東京のプロチームにも所属していて、そちらの活動も不定期に入ってくるので、ほぼ休みがない状態が続いたんです。それで、仕事と和太鼓の両立が楽にできるよう、少し時間に融通のきく仕事に変えようと思ったのがきっかけです。
プロライターキャッチ
なるほど。それで真っ先にライター業が思い浮かんだんですか?
増田さん
いえ、過去にアフィリエイトに取り組んだことがあったので、勉強のつもりでライティング業務を受け始めたんです。
プロライターキャッチ
和太鼓指導もされていてお忙しそうですが…?

増田さん
ライティングのようなデスクワークと体を使った和太鼓とメリハリがあって、私としては良い気分転換になっています(笑)。

 
 

増田さんが主宰する「大江戸助六流 佐倉勇翔太鼓」のオフィシャルサイト

 

コンサルタントとの同行案件ではアドバイス業務も担当

プロライターキャッチ
ライターとしての最初のお仕事はどのように見つけましたか?
増田さん
クラウドソーシングに登録して、車検のハウツーを掲載したアフィリエイトサイトの仕事を受けたのが最初です。それから、主に車関係や音楽、ゴシップを除く芸能関連のライティングを引き受けています。
プロライターキャッチ
現在、コンサルティング案件でコンサルタントとの同行を含むライティング案件にも関わられていますよね?いかがですか?
増田さん
中古車の買取専門のアフィリエイトサイトを新規で立ち上げるにあたり、前職での知見に元づく関するアドバイスと、打ち合わせ段階から参加して記事ライティングを行っています。同行では毎回、SEOに関するノウハウを得られたりと勉強になっています。
プロライターキャッチ
コンサルティング訪問のペースは?
増田さん
毎月1回です。ライティング作業では部屋にこもがちなので、たまには外に出たいと思っていました。同行は良い刺激になっていますね。
プロライターキャッチ
ゆくゆくは、ご自身でアフィリエイトサイトを立ち上げるご予定などは…?
増田さん
そうですね。まだ漠然としているのですが、1年以内には立ち上げたいと思っています。その際には、いま吸収している知識が役立つのではないかと期待しています。

第一ソースとなるうような記事が書けるライターになりたい

今後一年で自身のアフィリエイトサイトを立ち上げる予定の増田さん。その後はライター業をやめてしまうのかと思いきや、しばらくは続けたいそうです。その理由とは…?

プロライターキャッチ
アフィリエイトサイトを立ち上げて軌道に乗ったら、ライター業はもうやめてしまうおつもりですか?
増田さん
いや、ライター業は細々とでもずっと続けていきたいですね。私自身、職人気質なところがあって、昔やっていた整備士しかり、和太鼓もそうだし、地道にコツコツを何かを作り上げていくのが性に合っていると思うんです。
プロライターキャッチ
なるほど。ジャンルは変わらず車や音楽・芸能分野を専門で…?
増田さん
車、音楽・芸能は引き続き書き続けて、ほかジャンルにも広げていきたいと思います。セールスライティングなども勉強中ですが、いずれはBtoB分野にも挑戦していきたいですね。
プロライターキャッチ
今後の目標についてもう少し詳しく聞かせてください。

増田さん
ただネットに転がっている情報をもとにして書くのではなく、自分の書いた記事が第一ソースとなるようなものを書けるようになりたいと思っています。
また、これからはただキーワードライティングができるだけではダメだと思うので、資格を取る、コンサルやディレクションなどの経験を積むなど、いろいろな武器を身につけて、ライターとして自分自身をブランディングしていきたいです!
そして、今後は純粋にライティングだけではなく、構成案作成や取材、新規サイトの立ち上げなど、多くの分野に関わっていければと思っています。

 
 
――増田さん、ありがとうございました!

コメントは利用できません。